商品情報にスキップ
1 21

早野研工オンラインショップ

極厚プレート

極厚プレート

通常価格 ¥4,950
通常価格 セール価格 ¥4,950
セール 売り切れ
税込
Title
★後日レビューを書いて「ヘラ」をプレゼント!

【小】
材質 :黒皮鉄板
サイズ:20x27㎝ (焼き台15x15㎝)
厚み :6㎜
重量 :2.5㎏
【中】
材質 :黒皮鉄板
サイズ:25x32㎝ (焼き台20x20㎝)
厚み :6㎜
重量 :3.5㎏
【大】
材質 :黒皮鉄板
サイズ:29x30㎝ (焼き台21.5x21.5㎝)
厚み :4.5㎜
重量 :4㎏
送料 :1,650円(北海道・沖縄は2,200円)

※土、日、祝日を除く5営業日以内に発送致します

Customer Reviews

Based on 1 review
100%
(1)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
カスタマー
男心をくすぐる感じです!!

ひとめ見てかっこいいです!無骨なスタイルでいいですね!早速届いたので使いましたが、さすが極厚!!肉のうまみを閉じ込めていい感じに焼きあがります。淵もついてるのでソースも作れます。流行りの一人キャンプ、食卓テーブルで実践焼き等バッチリですね!

詳細を表示する


一般的な鉄板の厚さは1.6mm~2.3mm程度ですが、Hot Campの「極厚プレート」はなんと6mm!鉄板は厚いほうが、熱を保つ力が強くなりますので、中までしっかり火が通り、まるでお店のようなジューシーなお肉が焼けます。

組み立て方

鉄板は熱エネルギーを蓄えるのが得意です。物の大きさによって蓄えられる熱容量は違い、簡単に言えば薄い鉄板よりも、分厚い鉄板の方が熱を保つのが得意なわけです。分厚い分、少し時間がかかりますが一度温まればその熱が続きます。





実は鉄板が厚いほうが料理も上手になります。 薄い鉄板の場合、熱源とお肉の距離が近くなり熱源近くの食材が”焼けすぎる”といったことが起きます。一方、板厚が厚ければ熱源とお肉との間に距離ができ、熱源近くの食材が”焼けすぎる”ことを防いでくれ、上手に料理できるようになります。

1~2年で加工が剥がれて寿命がやってくるのがフッ素樹脂加工フライパンとは違い、鉄板は使い続けて油と馴染ませることで錆が出にくく、かつ焦げつきにくくなり、どんどん使いやすくなっていくもの。手間はかかりますが、愛着を持ってずっと使い続けられる相棒になります。

魔法のひと手間

使い始めのシーズニング(空焼き+油ならし)をすることで、鉄板の表面に『油膜』を作り、焦げにつきにくく長ーく使えるアイテムに育っていきます。手間はかかりますが、使えば使うほどなじみ「いいプレート」に。

極厚プレートのシーズニング方法

大きさは小、中、大と3サイズご用意しております。お庭やバルコニーのサイズ、ファミリー向け、大勢でわいわいBBQなど用途やライフスタイルにあわせてお選びいただけます!

小サイズは持ち運びに便利で、ソロキャンプに重宝します。

中サイズは家族や少人数でのBBQにぴったり。室内使いもしやすいです。

大サイズは、ほかの2サイズと比べて深さがあるので、鍋などの煮込み料理、大人数の料理に最適です!

「くっつきそう」「お手入れが大変そう」「すぐ錆びてしまいそう」、とマイナスなイメージも多く持たれますが、やってみて慣れてくると、意外と簡単! 極厚プレートを洗う時には、育ててきた油膜を残すために食器用洗剤は使用せず、たわしやささらとお湯を使って汚れをかき落とします。

アウトドアブランドHot Campシリーズの『FireBase』を手がける早野研工は、岐阜県大垣市で金属加工を手掛けるどこにでもある町工場。普段は自動車・電車・新幹線・建設重機などの産業用部品を製造しています。今までは、頼まれたものを忠実に作ることが仕事。それ以外やったことがない町工場にとって、(創造して)創ることは未知の領域。まだない道を切り開く、大きな挑戦でした。

日の目を見ない商品は数知れず…。それでも諦めず、作品を作ってはモノづくりの魅力や面白さを伝える取り組みとして、地元のイベントや学生向けの企業展に出展。地元では“なんか面白いことをやっている会社”と認知されるようになりました。

「極厚プレート」は、市の職員さんのアイデアから生まれました。
ある日、ふるさと納税の担当をされている職員さんから質問された、「早野さんでこんなのつくれない?」というひとこと。 そこに掲載されていたのはソロキャン用の鉄板でした。

もちろん、私たちは鉄加工を得意とする会社ですからつくれないわけがありません。 その日から料理をするために最も適した形状を考えたり、持って出歩くときの重量感、熱効率などを計算して企画に入りました。

そして、私たちがバーベキューをした子ども時代、私が大人になり子どもたちが小さかったころに庭先でやったバーベキューを思い出し、どうせなら親から子、子から孫へと引き継がれ、家族の物語をつむぎ続けられるものをつくりたいと思いいたりました。

企画や試作の段階では、話を持ってきてくれた職員さんも大いに協力してくださり、ようやく板金屋として技術的に納得のいくもの、ユーザーとして自分たちがつかいたいものが生まれました。そのようにしてできたのが、6mmの極厚プレートです。結果、大垣市のふるさと納税で返礼品として2位になり、「FireBase」や「+Base」のオプションとしてほとんどの方にご購入いただいているなど、多くの人につかっていただいています。

これがきっかけとなり「HotCamp」というブランドが生まれました。極厚プレートは早野研工にとっても、そんな思い入れの深い一品です。

ただモノを作る…だけじゃない。
挑戦する事の大切さ、創り手の想い、
モノづくりの醍醐味を伝えたい。

早野研工は、皆さまの応援やお声を基にいい商品をお届けできるよう、ひとつひとつ想いを込めて製作、お届けいたします。

Featured collection